丸ノコの刃

DIY 丸ノコ・スライド丸ノコ

【初心者必見】コスパのいい丸ノコ刃165mmのオススメ3選

更新日:



丸ノコの165mmの刃のオススメが知りたい人

165mm丸ノコ刃のオススメが知りたい。
できればコストをかけずにいい刃を選ぶポイントを教えて欲しい。
メーカーどこがいいのかな?
できれば、実際に使った人の感想も聞きたい。






といったことにお答えします。



丸ノコの刃は種類が多くて、どんな刃がいいのか最初は悩みますね。
僕も知識がまったくないときは、何を買っていいのか分かりませんでした。


「買い間違えて、丸ノコ本体と合わなかったらどうしよう」


と道具屋さんのレジでドキドキしてたものです。
でも今では、丸ノコ刃について分かるようになったので、情報をシェアします。


本記事でわかること


・165mm丸ノコのメーカーやキレイに仕上がる刃のオススメがわかる

・実際に使った人の感想を聞いて判断できる


この記事を書いている僕は、しげぽんと言います。


大工歴18年目(2020年1月現在)。現役です。
現在は一人親方という立場で、某大手ハウスメーカーの仕事を、請け負っています。


なので、ほんの少しは信頼して頂けるかと思います。


丸ノコが使えるようになると、いとも簡単にあなたの家のリビングや、トイレなどもオシャレに変身させることができます。


それを実現するために、良い丸ノコ刃は必須ですよ。




最後まで読んでいただけると、大変な励みになりますので、ぜひお付き合いください。





※刃の選び方から知りたい方は、こちらの記事を参考にしてから戻ってくるといいですよ。


>>【超初心者向け】丸ノコの刃のサイズ種類や選び方ガイド


【初心者必見】コスパのいい丸ノコ刃165mmのオススメ3選:大工が推薦する


オススメのメーカーとノコ刃は以下の通りです。


 オススメメーカー

①マキタ

②藤原産業

③トリガー


 オススメの丸ノコ刃

①マキタ 「鮫肌プレミアムホワイトチップソー(A-64369)」

②藤原産業 「SK11木工用チップソーくろ」

トリガー  「真剣」


オススメメーカー


 マキタ


言わずと知れた電動工具の大手メーカーです。


初心者の方でも、名前くらいは聞いたことがあると思います。

歴史が古く信頼性が高い。

大手メーカーという安心感があるのでオススメ。


 藤原産業


電動工具やアクセサリーを取り扱うメーカーです。


今回紹介するここのメーカーの丸ノコ刃は、結構Amazonや楽天のレビューがいいですね。


 トリガー


丸ノコの刃を専門にしたメーカーです。


費用:効果がいいので、僕は本業では好んで使っているメーカーでもあります。


オススメの丸ノコ刃


①トリガー  「真剣」


・内径 20mm
・外径 165mm
・刃厚 1.6mm
・刃数 52


②藤原産業 「SK11木工用チップソーくろ」


・内径 20mm
・外径 165mm
・刃厚 1.6mm
・刃数 52


③マキタ 「鮫肌プレミアムホワイトチップソー(A-64369)」


・内径 20mm
・外径 165mm
・刃厚 1.5mm
・刃数 55


 それぞれの主な特徴


トリガー「真剣」の主な特徴は超寿命重視。


費用:効果の話をしましたが、最強です。

値段が3倍くらいする刃と比較しても、同程度に長持ちしますね。


藤原産業の「SK11 くろ」は直進性の高さがウリのノコ刃です。


直進性が高いということは、

=精度がいい

ということです。


しかも環境に配慮していて、人体に影響のある有害物質(鉛や水銀など)を最小限に抑えています。


体に優しい製品というのも特徴。


マキタの「鮫肌プレミアムホワイトチップソー」は、


もともと、マキタの刃は切れ味がいいと感じていましたが、この刃はさらに切れ味を追求したもの。


充電式丸ノコを使用してるなら、充電池が長持ちするのも特徴。


3つの丸ノコ刃をオススメする理由


この3種類のオススメする理由は2つです。


理由① どの刃も初心者が使いやすい

理由② コストパフォーマンスが高い


どの刃も初心者が使いやすいく、コスパが高いですね。

全体的に丸ノコの挽きが軽く、低価格で仕上がりも満足できる範囲。

マキタは他の2つと比べると少々割高ですけど、それを超える切断能力があります。


ちなみにSK11 くろはAmazonなどのレビューが良かった為使ってみました。

マキタの3分の1の価格なので、


「失敗してもいっか」


くらいの気持ちで購入しました。


丸ノコの刃は消耗品なので、低コストで長持ちする方がいいのは間違いないです。


プラス仕上がりがよければ最高です。


でも、


「コストがかからないのは嬉しいけど、あんまり安いのは信用できないな」


と言われるかもしれませんが、


無名メーカーで価格は安いけど、すぐ切れなくなったり、仕上がりも悪く、
後のヤスリがけが大変、なんていうのはよくあること。


でもこれは本当にステマなしです。


実際に、多くのプロやDIY erが使用しています。


なので、ホームセンターにある無名メーカーを購入するより、メリットは大きいのは間違いないです。


現役大工の僕が実際に使ってみたデメリットとは


僕が実際に使ってみた感想です。参考にしてください。


使用感


 トリガー


耐熱フッ素コーティング加工をして、ヤニの付着を防止してありますが、多少ヤニの付着があるかな、というのがデメリット。


しかし、切っているときの音が比較的静かで、挽きの軽さはありますね。


ヤニが付着しても切れ味は変わらない、


といった感想です。


 SK11 くろ


消音性はあまりないのがデメリットといったところ。


トリガーと比べると音は大きめです。

しかしヤニの付着が少なく、ウリにしている直進性は良いといった印象です。


 マキタ鮫肌プレミアムホワイトチップソー(A-64369)


デメリットを探すのが難しい刃かもしれません。



それくらい使用感はいいです。


挽いたときの軽さと、

丸ノコ本体の音しか聞こえないくらい、切断音がしないのには少し驚きました。


仕上がり


 トリガー


新品でも頻繁にではないにしろ、バリが出るときもあります。



しかし、バリは木材の状態にもよるので、だいたいはキレイな小口に仕上がります。


 SK11 黒


「真剣」と「SK11黒」は、仕上がりに関しては、さほど変わらない。といった感想です。



が、おおむね合格点の仕上がりと言っていいでしょう。


 マキタ鮫肌プレミアムホワイトチップソー(A-64369)


使用感にデメリットが見当たりませんでしたが、仕上がりは少しあります。


他の2つより刃数は多いにもかかわらず、やはり仕上がりに多少バリが出ます。

しかし3つの中では、使用感、仕上がり共に優れているのは認めざる負えませんね。


今回紹介した刃の中では1番いいかもですが、
「真剣」や「SK11くろ」より3倍も高価、というのはデメリットでは?
ともちょっと思います。


オススメのネットショップ


丸ノコの刃を購入するときは、ネットショップがオススメです。


その理由として、種類が豊富だから。


例えば、トリガーの「真剣」なんかはホームセンターでは置いていない、、、

しかもネットショップだと、それぞれお得なところもあるのでオススメです。


①Amazon


・送料無料


Amazonは送料が無料です。(ショップによっては送料がかかる場合があるので注意です。)


>>詳しく見みたい方はコチラから見れます↓

マキタ(Makita) 鮫肌プレミアムホワイトチップソー 165mm×55P A-64369

SK11 木工用チップソー くろ 165×52P

TRIGGER 真剣 薄切り 165×52 フッ素・消音スリッド加工


②楽天市場


・楽天ポイントが付くので、ポイント分を差し引いて考えればさらにお得になる

・送料無料のショップ多数


楽天は、楽天ポイントが付くのが結構おおきいですね。

あなたが楽天会員だったら、特にオススメです。


>>詳しく見みたい方はコチラから見れます↓

◆藤原産業 SK11 くろ(木工チップソー) 165X52P

今、売れてます 木工 一般木材 高級仕様 電動丸鋸刃 165mm X 52P 1枚 替刃 刃 フッ素 消音 チップソー 真剣 薄切り トリガー



まとめ



今回は以上となります。


オススメした丸ノコ刃は3つ。



・トリガー  真剣

・藤原産業 SK11木工用チップソー黒

・マキタ 鮫肌プレミアムホワイトチップソー(A-64369)



初心者で丸ノコ刃選びに迷っている方には、特にオススメです。


最初は丸ノコに対する不安もあると思います。

でも使い慣れれば、こんなに楽な工具はないです。


さっそく丸ノコを使って、飾り棚なんかを作ってみては?

その切れ味と、手のノコギリで味わえなかった楽チンさに、きっと創作意欲が沸いてきますよ。

スポンサーリンク





-DIY, 丸ノコ・スライド丸ノコ

Copyright© げぽにすた , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.